クマは安定した衣食住があれば冬眠はいらない

クマ

クマは大きな動物の1つであり凶暴な1面を持つ生き物です

日本には本州に生息するツキノワグマと北海道のヒグマに分けられます

ツキノワグマは体長が1メートルから2メートル以内ですが北海道などに生息するヒグマは2メートルから3メートルまで成長しますまた体のカラーは大きく分けて3種類になり白色黒色茶色が基本です

食べ物は木の実から魚類野生の鹿やイノシシなどを食べています小さな木の実に飽きれば川へ入り魚類を手で掴んで食らいます

強靭なアゴと歯は魚の太い骨も軽く噛み砕き胃袋に収まっていきます日本にいる野生動物の中でも顎の強さはトップクラスになるようです噛む力で言えば人間の7倍ぐらいになり金網やフェンスを食いちぎるパワーを持ちます

そんなクマは動物園で飼われていて人気の種類の一つです子供達が遠足などで訪れれば歓声を多く上げるのはパンダと白クマになりますまたクマと言えば野生であるため冬場は冬眠するのが普通です寒い季節は人間と同じく活発に動く事が少なくなり土の下へ潜りますしかし動物園のクマも冬眠すると思われがちですが冬の時期も観客の前でお披露目されます野生と飼育されているクマの違いは生活と食べ物の差があるようです

まず野生の場合自分で食べ物を採り生きる事になりますそのため夏から秋は食べ物を多く取り栄養補給や保存する事に力を注ぎます理由として冬眠する冬に備えて体を作り体力を温存する状態に持っていきますしかし動物園にいるクマは冬眠する事はなく1日の睡眠で冬場を過ごします食べ物を自分で採る必要はなく飼育員に与えられるため体力を無駄に使う必要がないようです従って動物園のクマは子クマから育てられているため家で飼われている犬に近いぐらい人間に慣れていて冬眠する理由もいらなくなります人間が食べるのは生活を送る体力を必要とするためと生きるためですクマも同じで恵まれた環境と生活習慣が安定していれば冬眠は必要ありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました